フリーランスのランディングページ制作費用・相場っていくら?

フリーランスのランディングページ制作費用・相場っていくら?

伊藤
伊藤

こんにちは!ねこのてLPの伊藤です。

にゃんまる
にゃんまる

フリーランスにランディングページを依頼したいのだけど、費用ってどのくらいかかるのかな?

伊藤
伊藤

フリーランスに依頼する場合、10万以下〜25万くらいかな。

にゃんまる
にゃんまる

幅広くて、イメージ沸かない;費用の違いは何なの?

そのような方のために次のように価格帯を3つに分けて、それぞれの特徴やおすすめな人を紹介します。

  • 10万円以下
  • 10万円〜20万円
  • 20万〜25万円

お読みいただく前に注意点ですが、この相場はわたし個人の経験に基づいたものですので、1つの参考にしていただければと思います。

それではご覧ください。

フリーランスの制作範囲について

まずはじめにフリーランスに依頼する場合の制作範囲を整理します。

フリーランスLP制作範囲

このようにフリーランスに依頼する場合はデザイン・コーディングの工程部分を担当することが多く、次のことは自社で対応または手配する必要があります。

  1. 戦略設計
  2. 原稿作成
  3. 運用・改善

①戦略設計

戦略設計とは具体的に次の4つを示しています。

  • 市場調査
  • 競合分析
  • ペルソナ設計
  • キーワード選定

この戦略設計はランディングページ制作において最も重要であり、結果の80%はここで決まるといっても過言ではありません。

②原稿作成

戦略設計を基にランディングページの構成と原稿を考えます。

  • 構成順序決める
  • キャッチコピー・原稿を考える

③運用・改善

納品後は次のようなランディングページの運用や改善をする必要があります。

  • 広告運用
  • ランディングページの修正

このようにフリーランスに依頼する場合は安くランディングページが作れる反面、制作範囲が限られています

例えば、「戦略設計からお願いしたい」「広告運用も依頼したい」ということでしたら、フリーランスよりも制作会社で検討した方が早いです。

前置きが長くなりましたが、以上のことを踏まえて価格帯別の特徴をご覧ください。

10万円以下

10万円以下で制作する場合、ペライチなどのテンプレートを使用してLPを制作します。

コーディングが不要なので格安でLPを制作することができます。テキストの修正など簡単な更新は自分でもできるため、運用コストの削減にもつながるメリットも。

デメリットとしてはテンプレート内でできるデザインに限られるため、ありきたりなデザインになりがち。

他社との差別化には弱いです。

テンプレート一覧
  • ペライチ
  • Wix
  • STUDIO
  • WordPressテーマ

こんな人におすすめ

  • 格安でLPを作りたい
  • デザインにはこだわらない
  • 自分でも更新したい(更新する時間がある)
  • 新商品なので顧客ニーズがあるか試したい
伊藤
伊藤

10万以下でHTML・CSSを使ったLPを制作したい場合は、モニター価格やキャンペーンで安く制作しているWebデザイナーでもいます!

10万円〜20万円

10万円〜20万円はHTML・CSSを使ったオリジナルデザインのLPを制作します。

ターゲット層に合わせたデザインや構成をしっかりと提案。

フリーランスは実績数(経験値)に応じて、料金を設定している

フリーランスWebデザイナーは実績数(経験値)に応じて、料金を設定している方が多いです。

独自にココナラを用いてリサーチしたところ、次のような料金感でした。

【ココナラLP制作部門上位10名の制作料金と実績数一覧】

制作料金実績数
10万8件
10万10件
10万12件
12万24件
13万5件
15万16件
15万27件
17万20件
20万16件
20万37件
「ココナラ」https://coconala.com/(引用2022-3)

伊藤
伊藤

フリーランスの料金設定は人それぞれなので、明確には言えないのですが、ざっくりとまとめるとこんな感じでしょうか。

  • 10万⇒10件程度の制作経験がある
  • 15万⇒15件程度の制作経験がある
  • 20万⇒20件程度または以上の制作経験がある

以上のことから、10万円〜20万円の範囲で依頼する場合、予算またはWebデザイナーの実績数(経験値)を基準に誰に依頼するのか決めるとスムーズです。

こんな人におすすめ

  • 実績のあるWebデザイナーに依頼したい
  • HTMLとCSSを使ったのLPを作りたい
  • オリジナルデザインがいい
伊藤
伊藤

この価格設定で制作しているWebデザイナーが1番多いです。

20万〜25万

こちらも10万円〜20万円と同じくHTML・CSSを使ったオリジナルデザインのLPを制作し、ターゲット層に合わせたデザインや構成をしっかりと提案。

違いは実績数がかなり多いこと。制作費20万以上のWebデザイナーは最低でも20件、多い方は100件以上経験しています。

確実に実力あるWebデザイナーに依頼したい場合は制作費が20万以上を基準にしてみてください。

こんな人におすすめ

  • 確かな実力あるWebデザイナーに依頼したい
  • HTMLとCSSを使ったのLPを作りたい
  • オリジナルデザインがいい
伊藤
伊藤

ちなみにフリーランスWebデザイナーの制作費は高くても25万くらいです。それ以上の方もいますが希少ですね。

注意点

最後に注意点です。

ランディングページは作ればすぐに大きな効果の出るものではなく、分析や改善を繰り返していくものです。

目先の制作料金だけでなく、修正や差し替えなどの運用コストも踏まえての検討をおすすめします。

まとめ

それではまとめです。

  • フリーランスの制作範囲はデザイン〜コーディングまでが多い
  • 戦略設計、原稿作成運用、改善は自社で準備または手配する必要がある
  • フリーランスWebデザイナーの制作費は10万以下〜25万
制作料金ポイント
10万以下テンプレートデザイン
自分でも更新できる
10万〜20万オリジナルデザイン
HTML・CSS
実績のあるWebデザイナーが制作
20万以上オリジナルデザイン
HTML・CSS
確かな実力あるWebデザイナーが制作

LP制作承っています。

ねこのてLP

ねこのてLPでは見積もり不要!料金一律パッケージプランでランディングページ制作を承っています。

広告バナーも3枚無料でついてきますので、納品後すぐに広告への出稿が可能です。

伊藤
伊藤

まずはお気軽にご相談ください。

ねこのてLPのサービス詳細が知りたい方はこちら

ねこのてLPの詳細を見る

LP制作のお申し込みや相談などはこちら

お問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA